業務紹介Business Introduction

  1. ホーム
  2. 業務紹介
  3. 公務災害防止
  4. 公務災害発生状況

公務災害防止

公務災害発生状況

1 公務による負傷者等の人数の推移

消防活動に従事したことにより公務による負傷等を受けた全国の消防団員は、最近10年間の平均で約1,300人となっている(図1)。特に、演習訓練時の事故は高い割合を占めている(図2)。

図1 公務による負傷者等の人数の推移

   R1_fusyousyasuii.png

   備考1  負傷者等の人数は、当該年度中に発生し、その翌年度末までに消防基金が損害補償費等(療養補償や休業補
       
償等)を支払ったもの。なお、括弧書きの人数は、そのうち死亡者数を示したもの
   備考2  消防団員数は、当該年度の4月1日現在の実員数。ただし、消防基金と消防団員等公務災害補償責任共済契約
        を締結していない市町村の消防団員数は含んでいない。

図2 活動態様別発生人数の推移(平成25~29年度)

r1_katsudoutaiyoubetusuii.png

  備考 「その他」はスポーツ行事、特別警戒、風水害等の災害等である。  

2 活動態様別公務災害発生状況

平成29年度の公務災害の発生状況を活動態様別に見ると、「演習訓練」(66.5%)が最も多く、次いで「消火活動」(16.5%)となっており、これらで全体の8割以上を占める (図3)。

図3 活動態様別発生状況(平成29年度)

r1_katsudoutaiyoubetuhaseijoukyou.png

3 ポンプ操法訓練に多発する下肢のけが

平成29年度の公務災害の発生状況を活動態様別に見ると、演習訓練時の公務災害は6割を超えており(図3)、うちポンプ操法訓練の動作(熱中症を含む。)による負傷は7割を超える(図4)。
訓練中の下肢のけがが多発しており、主な事例には、次のようなものがある。

・「小型ポンプ操法訓練中、ホースを担ぎ全力疾走していた際、大腿裏に激痛を感じ転倒」
・「操法訓練中、ホースを落とし、ホースの金具が右足に当たり負傷」
・「ポンプ操法の練習中、ポンプ車後方に配置してあるホースをとるためポンプ車から下車し、向きを変えて
 走り出したところ、右足首をひねり痛みが走った」
・「消防操法大会訓練中、筒先と第3ホースを担ぎ火点に向け駆け足で発進しようとした際、右足のアキレス
 腱のパチンという音がした後、痛みを感じて歩行不能状態となった」

図4 演習訓練中の公務災害発生内訳(平成29年度)

r1_uchiwake.png

4 活動態様別・死亡原因別公務災害発生状況

最近5か年に公務災害により死亡した消防団員は、7人を数える。
全体の活動を通して高い比率を占めるのは、「循環器系疾患(脳血管疾患・虚血性心疾患)による死亡事案である。

表1 活動態様別・死亡原因別の公務災害発生状況(平成25 ~ 29年度)

r1_sibougeninbetsu.png

  

5 重大事例(死亡・重傷)

1事故発生年月傷病名後頭部挫創、外傷性くも膜下血種
平成26年12月 [事故概要]
防災訓練で使用したホースを片付けるためにホースを伸ばしていたところ、水路に気付かず転倒し、後頭部を強打した。
性別 年齢 階級
40代 団員
2事故発生年月傷病名急性硬膜下血種、頭蓋内開放創など
平成26年12月 [事故概要]
年末夜警に出る準備中、雪道で足を滑らせて後方に転倒し、頭部を強打した。
性別 年齢 階級
50代 団員
3事故発生年月傷病名急性硬膜下血腫など
平成27年5月 [事故概要]
訓練に出動途中、車から降りようとしてバランスを崩して転倒し、頭部を強打した。
性別 年齢 階級
60代 団員
4事故発生年月傷病名虚血性心疾患(死亡)
平成27年12月 [事故概要]
火災発生のため出動し、火災現場で警戒活動等に従事後、詰所から自転車で帰宅途中に発症して死亡した。
性別 年齢 階級
60代 班長
5事故発生年月傷病名右小脳梗塞
平成28年5月 [事故概要]
操法訓練中、筒先の排水操作を完了した後、突然頭がフラフラして座り込むようにして倒れた。嘔吐及び頭痛の症状もあった。
性別 年齢 階級
30代 団員
6事故発生年月傷病名急性下壁心筋梗塞など
平成29年3月 [事故概要]
建物火災の出動命令を受け、緊急走行にて現場に向かった。緊張状態の中、現場に到達したあと、車両からホースを2本降ろし、約5m走って水利を確認した。そこから車両に戻る途中、卒倒した。
性別 年齢 階級
40代 団員
7事故発生年月傷病名急性心筋梗塞、不安定狭心症など
平成29年3月 [事故概要]
火災現場到着後、中継送水を行うため、ホース延長を試みたところ、急に胸が苦しくなった。苦しさと痛みが引かなかったため、救急搬送された。
性別 年齢 階級
40代 部長

PAGE TOP