事業計画Business Plan

  1. ホーム
  2. 事業計画
  3. 公務災害補償関係

公務災害補償関係

公務災害補償業務

1 事業内容

消防団員等公務災害補償を的確に実施し、消防団員(水防団員を含む。以下「団員」という。)及び住民等による消防活動、水防活動その他の防災活動に係る環境を整備するため、次の事業を行う。

(1) 消防団員等公務災害補償責任共済事業

基金は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律第2条第1項に定められている消防団員等公務災害補償責任共済契約に基づき、市町村等(市町村又は水害予防組合をいう。以下同じ。)の補償に要する経費を市町村等に支払う。

令和元年度の損害補償費の予定額は1,737百万円で、このうち主な補償種目別の予定額は、次のとおりである。

ア 療養補償費(傷病の治療に必要な費用を支給するもの) 245百万円

イ 障害補償費(傷病の治ゆ後に一定の障害が残った者に年金又は一時金を支給するもの) 208百万円

ウ 遺族補償費(死亡した者の遺族に年金又は一時金を支給するもの) 1,221百万円

また、令和2年度以降の補償年金等の支払に備えて、責任準備金として19,849百万円を計上する。

(2) 消防団員等福祉事業

市町村等に代わって、公務上の災害を受けた団員及びその遺族の福祉を増進するための福祉給付事業、団員の公務災害を防止するために必要な事業並びに団活動における自動車等の損害に対する見舞金の支給を行う。

令和元年度の事業種目別の予定額は、次のとおりである。

① 消防団員等福祉給付事業 470百万円

ア 団員の円滑な社会復帰を促進するために必要な事業(補装具、アフターケア等費用の支給)

イ 団員及びその遺族の援護を図るために必要な資金を支給する事業(奨学援護金、特別援護金、特別給付金(年金又は一時金)等の支給)

また、将来の災害等に備えるための変動調整準備金として16,966百万円を計上しているが、このうち3,958百万円は、令和2年度以降の福祉年金の支給に備えたものである。

② 公務災害防止事業 253百万円

ア 公務災害防止活動援助事業

団活動中の安全性と行動性を高めるための安全装備品の整備や団員の循環器系疾患(脳血管疾患・虚血性心疾患)を予防するための個別健康指導を行う市町村等に対して助成金を交付する。また、自然災害により甚大な被害を受け、かつ、緊急的な措置として安全装備品を交付する必要がある市町村等に対して安全装備品を交付する。

イ 公務災害防止対策調査研究事業

団員の公務災害の発生状況を調査・分析し、公務災害の防止に効果的な対策を検討するとともに、基金の公務災害防止事業の充実強化を図るための検討を行う。また、死亡や重傷などの重大災害が発生した場合に、より詳細に発生状況を調査・分析するための現地調査を行う。

ウ 公務災害防止対策普及推進事業

団員の公務災害防止のために、次に掲げる研修を行う市町村等に対し、講師のあっせんや教材の提供を行うとともに、助成金を交付する。また、下記(ア)及び(イ)の研修の講師となるS-KYT指導員を養成するほか、ホームページ等で団員の公務災害防止に関する情報提供を行う。

(ア) 消防団員安全管理セミナー(実施予定 50団体)

団員の安全管理と健康増進の重要性の認識及び理解を深め、団員全体への啓発普及を図る研修

(イ) S-KYT(消防団危険予知訓練)研修(実施予定 75団体)

団活動に潜む危険を予知するとともに、その危険に適切に対応できる能力を養成するためのS-KYT(消防団危険予知訓練)の基礎知識とその実技を習得する研修

(ウ) 消防団員健康づくりセミナー(実施予定 30団体)

団活動による循環器系疾患(脳血管疾患・虚血性心疾患)の防止を図るための健康増進教育を行うとともに、健康増進に役立つ運動実技を習得する研修

(エ) 消防団員セーフティ・ファーストエイド研修(実施予定 40団体)

災害現場等で負傷者の応急処置を行う際に自身の安全を確保した上で適切に対応できるようにファーストエイド(外科的応急処置)の基礎知識とその実技を習得するとともに、災害現場等での悲惨な体験や恐怖を伴う体験により急性ストレス障害が発生した団員に適切に対応できるようにPFA(心理的応急処置)の基礎知識とその実技を習得する研修

③ 自動車等損害見舞金支給事業 11百万円

災、水災などの緊急時に団員がその所有する自動車等で災害現場へ出動し、車両に損害を受けた場合又は平常時にやむを得ず当該自動車等を団活動に直接使用し、又は使用させたとき、車両に損害を受けた場合に見舞金を支給する。

(3) その他の事業
① 市町村特別交付金事業 49百万円

昭和57年度以前の消防作業従事者等に係る損害補償について、市町村等はその全額を補償しているが、基金は、消防団員等公務災害補償責任共済事業において、補償に要する経費のうち2分の1を市町村等に対し支払うこととされているため、残りの2分の1相当額を市町村等に対し交付する。

② 実務研修会の実施(実施予定 32団体)

公務災害補償制度及び公務災害防止対策の必要性への理解を深め、その運用等について市町村等の担当職員の事務処理の適正化を期するため、都道府県、消防関係組合等と連携して実務研修会を実施する(退職報償金支払業務と同時開催)。

2 契約締結状況

区分備考
契約市町村等  
市町村 612  内 訳 : 378 市、 234 町村
消防関係組合 32  構成団体 : 351 市、 657 町村
水防事務組合 9
水害予防組合 1
654  関係市町村の数:1,620(729市、891町村)

3 予定利益及び予定損失

予定利益(収入)総額は、前年度に比べて3億92百万円減の30億83百万円で、その内訳は、掛金収入21億37百万円、利息収入4億4百万円、責任準備金戻入(取崩)5億42百万円である。

掛金は次のように見込んでいる。

消防団員分  1,900円 ×    885.5千人
水防団員分  1,900円 ×    17.9千人
消防従事者分     2円 × 120,051.1千人
水防従事者分    1.5円 × 119,256.1千人
水害予防組合員分     6円 ×    310.3千人

予定損失(支出)総額は、前年度に比べて3億92百万円減の30億83百万円で、その内訳は、事業費25億20百万円、事務費2億77百万円、変動調整準備金繰入2億86百万円である。公務災害防止事業費は、前年度に比べて7百万円増の2億53百万円を計上している。

予定利益総額から予定損失の事業費及び事務費を控除した収支差額2億86百万円については、将来の災害等に備えて固定負債として引き当てている変動調整準備金へ繰入れることとしており、変動調整準備金には、福祉事業(遺族特別給付金等の年金たる給付)に係る将来給付現価相当額の39億58百万円が含まれている。

なお、当期中における利益及び損失の予定額は、それぞれ30億83百万円であり、当期剰余金は生じない見込みである。

令和元年度 予定損益計算書(PDF) 94KB
令和元年度 予定貸借対照表(PDF)231KB

PAGE TOP